日本の聖書―聖書和訳の歴史 / 海老澤有道
型番 bkkdg-18
販売価格

0円(内税)

在庫数 品切れ

講談社学術文庫
1989年第1刷
状態・B〜B−:経年のシミ

〈「聖書」は人間に語りかける神の言葉、生命の書。その言葉の一つ一つが、日本人の思想や文学に、音楽や美術に、静かだが革命的な影響を及ぼしてきた。本書は、聖書の和訳・普及に貢献してきた人々の業績を、キリシタン時代から明治・大正期まで、歴史的に一貫性のあるものとして叙述した。「神の言葉」を日本人の言葉で伝えようとした先駆者の努力の跡を、膨大な史料・文献を渉猟して体系づけた唯一の書。〉
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける