エロ事師たち / 野坂昭如
型番 novja-407
販売価格

300円(内税)

購入数

講談社
1966年第1刷
状態・B−:経年のヤケ・シミ、ビニールカバー=縮み

装幀:山内瞕
帯=三島由紀夫「人間通の文学」
〈性の復活を提言:人間の楽しみは、食うことと“これ”。そのこっちが駄目になれば、生甲斐はない。薬屋がホルモン剤、精力剤売るのと、俺の商売は同じだ。人助けのヒューマニズムさ、シュバイツァ博士みたいなものだ。―エロ事師稼業のスブやんは、エロ本、エロ映画、エロテープを製造販売、ついに「本当の処女は処女屋にしかいない」「セックス・ノイローゼを癒すのには乱交が一番いい」との心境に達し、一生一代の乱交パーティの成功を目指す。性の不在に挑む力作。 〉
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける