一条さゆりの真実―虚実のはざまを生きた女 / 加藤詩子
型番 Sek.nov-0212
販売価格

0円(内税)

在庫数 品切れ

新潮社
2001年
状態・B:経年のヤケ・シミ

「ごめん、全部嘘だったの」
〈伝説のストリッパーが語ったテープ160本分の人生は、悲しい嘘とトラウマの巨大な迷宮だった。〉
第1章 神がひき合わせた/第2章 半同居生活四百四十五日/第3章 悪夢のどんでん返し/第4章 夫と息子の真実/第5章 踊り子という職業/第6章 伝説の真相/第7章 食い尽くされた「悲劇のヒロイン」/第8章 裁判という名の狂騒曲/第9章 運命の色悪/第10章 欺かれた男の壮絶な最期/第11章 業火に灼かれて/第12章 釜ヶ崎で生きる理由/第13章 魂の叫びが聞こえますか/終章 末期のメッセージ
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける