性は乱調にあり―性の快人・怪人録 / 矢切隆之
型番 Sek.nov-0209
販売価格

800円(内税)

購入数

三一書房
1997年第1版第1刷
状態・B:カバー=経年の擦れ・傷

装画:丸尾末広
〈情念の輝き・エロスの甘美なしたたり。近代日本の性的人間9人を今日の視点で解剖する。〉
宮武外骨―滑稽と猥褻を愛した畸人/小倉清三郎―性の禁域に挑んだ闇の民俗学者/伊藤晴雨―明治の「縛り絵師」と現代のSM/梅原北明―エロ・グロ・ナンセンスの仕掛け人/阿部定―希代の「毒婦」にみる性と死/高橋鐵―性解放に情熱を燃やしたセクソロジスト/永井荷風―性の漂泊者と現代の「鬼畜」/三島由紀夫―切腹マニアの詩と真実/佐川一政―カニバリズムの殉教者
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける